本文へスキップ

院内設備facilities

外観



待合室

どの種の動物でも利用可能な待合室です。
動物でも飲水可能なハワイウォーターを設置しています。熱湯には御注意下さい。動物に与える場合は容器をお渡ししますのでスタッフにお声掛け下さい。

診察室@


主にワンちゃんの診察に利用します。
大型犬にも対応出来るようやや広めになっています。
この部屋で超音波検査も実施出来ます。またX線室で撮影した画像もこの部屋で参照出来ます。

診察室A(猫専用診察室・待合室)



ストレスに弱い猫ちゃんの為に猫専用の診察室・待合室を御用意しています。
またフェリウェイを使用し、来院によるストレス軽減にも努めております。
フェリウェイについてはこちらを御参照下さい。

入院室について


         犬専用入院室                    大型犬対応入院室

           ICU室                      猫専用入院室
犬専用入院室、猫専用入院室、隔離入院室、小動物専用入院室を設けています。犬専用入院室には大型犬にも対応しています。
エアコン完備しており動物達が快適に過ごせるようになっています。
また集中治療が必要な動物の為にICU室も設置してあります。


X線撮影装置


      X線を撮影する機械です。           撮影したX線画像をデジタル化する装置です。

超音波診断装置(エコー)

体に負担をかけずに体内の状態を検査する装置です。主に心臓・腹部臓器の検査に用います。眼球等の検査に用いる場合もあります。

Osirix


macのOsirixというソフトを用いて画像を管理しています。当院ではwindowsでもOsirixを使用出来るようにしています。

血液検査(血球系)

赤血球、白血球、血小板を検査する機械です。数分で結果が出ますので、即座に治療に反映することが可能です。
検査結果は電子カルテと連動している為、経時的変化を分かりやすく御説明出来ます。

血液検査(生化学・電解質・犬CRP等)


生化学(肝臓や腎臓等の数値)、電解質、犬CRP(炎症反応の指標)をこれ一台で測定することが出来ます。
結果は約10分程で出ます、また5頭までは同時に測定出来ますのでお待たせするお時間を減らすことが可能です。
検査結果は電子カルテと連動している為、経時的変化を分かりやすく御説明出来ます。

麻酔器・人工呼吸器


イソフルランという薬剤を使用して麻酔を維持する器械   人工呼吸を行う機械です。この装置により、より安全です。                         に麻酔を維持することが可能です。

生体モニター・心電計


動物の状態を把握する為の装置です。この装置により、  心電図波形を記憶する装置です。記録
より安全に麻酔を維持することが可能です。       した波形はパソコンでも管理しています。
測定項目は、
心拍数、呼吸数、非観血血圧(最高・最低・平均)、
観血血圧(最高・最低・平均)、SpO2値、脈拍数、体温、
CO2分圧(吸気・呼気)、N2O濃度(吸気・呼気)、
O2濃度(吸気・呼気)、揮発性麻酔薬濃度(吸気・呼気)、
心電図波形等です。

顕微鏡

機器写真

尿検査、糞便検査、細胞診検査等に利用します。
顕微鏡で観察した画像は院内のパソコンに転送されるので、飼い主様にも画像を共有して頂くことで、動物の状態をより分かりやすくお伝え出来ます。












滅菌器

オートクレーブ(左)とガス滅菌器(左)です。手術器具の滅菌等に使用します。
オートクレーブ(左)は動物のお医者さんで出てくるように焼き芋にも使えます。ですが味の保証はしかねます。

パンオプティック(眼底観察)

機器写真 ウェルチアレンのパンオプティックという機械で、主に眼底を観察するのに使用します。アダプターとiPhoneを使用することで眼底の写真を撮影することも可能です。












眼圧計

機器写真

眼圧を測定する機械です。緑内障やブドウ膜炎等の診断等に用います。
点眼麻酔の必要が無く、動物に負担をかけずに眼圧を測定することが可能です。












スリットランプ(細隙灯顕微鏡)

機器写真

細隙灯というスリットランプからの細い光で眼球の各部を照らし、それを顕微鏡で拡大して見ます。結膜、涙点から角膜、前房、虹彩、瞳孔、水晶体、硝子体などの組織を観察し、肉眼ではわからない眼球内の異常を見つけ出します。











尿比重計(動物専用)

機器写真

動物専用の尿比重計です。蛋白屈折計という装置でも動物の尿比重を測定することは可能ですが、動物専用の機械を使用することでより精度の高い検査が可能となります。これを使用することで初期の腎機能低下等を検出出来る場合があります。











血圧計

petMAPという動物専用の血圧計です。腎不全・心不全時等の血圧管理に用います。
動物へのストレスを最小限に血圧測定が可能です。

内視鏡

機器写真 機器写真









電子内視鏡です。主に異物除去や胃・腸の生検(細胞の検査)に用います。動物達の為にはなるべく活躍の機会が少ないと良いですね。











○○機器について

機器写真

ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。


西柴動物病院ビルダークリニック

〒236-0017
神奈川県横浜市金沢区西柴1-1-8
TEL 045-784-8111
FAX 045-784-8222